39光年離れた地球外生命体の可能性

先日、NASAが39光年離れた恒星の周りを、地球に似た惑星が回っているのを発見したと発表をしましたね。

しかも、7つも同時に発見したという発見数にも驚きです。

同じ恒星の周りを、似た惑星が回っているんですね。

太陽系の惑星は大きさもバラバラで、それが普通だと思っていましたが、こればかりは勉強不足だと認めざるを得ません。

地球のように水が存在しているのではないかと思われるのは、7つのうちの3つで、全てが地球の環境と一致しているわけではないようです。

ですが、一度に3つも生命体がいそうな惑星を見つけたのは、私が知る限り初めてです。

調査はこれからなので、ハッキリしたことはいえませんが、地球外生命体の可能性を考えるとワクワクします。

3つもあれば、どれか1つぐらいあるのではないかな、という楽観からです。

宇宙の話だと、何百光年離れた銀河の話などが出てくることもあるので、39光年というのは近いように思えます。

しかし、行き来するのに簡単な距離ではないので、簡単に調査は進まないと思いますが、NASAの方々には頑張って欲しいと思います。

そういえば、13光年くらい離れたところにも地球に似た惑星が発見されたり、1000光年以上離れた場所でも、地球に似た惑星がいくつか発見されていたはずです。

発見数が多ければ多いほど、地球外生命体と遭遇できる可能性が高くなると思うので、これからもどんどん発見と研究を進めていってほしいです。

SFの映画みたいに、宇宙人と共に生存していく未来が、もしかしたら近づいてきたのかもしれません。

ちなみに、宇宙人がいたとして、やっぱり地球人の口臭の女性はどう思うのかが気になるところです。