暖かさと「蜘蛛男」

昨日はとても暖かかったので、上着を着てると少し暑いくらいでした。

近くの公園には、保育園児たちが引率の先生に連れられて出てきてました。

きっと、お花見を兼ねた遠足なのか、保育園児たちは、とても可愛かったです。

私も暖かい気温のなかでお花見しようかな・・・

仲間たちとのお花見も楽しいけれど、ひとりでぼんやりとお花見するのも楽しいですよね。

夕方からは、天気も悪くなってきたみたいで、雲がたくさんで圧迫感があります。

ああ、洗濯物取り込まないとです。

明日は雨が降るのでしょうか、できれば、明日みたいに上着がいらないくらいの暖かさであってほしいです。

もしも雨が降ったら、仕方ないから読書しようと思っています。

最近では、江戸川乱歩の『蜘蛛男』を読んでいます。

推理小説はハマりますね、どうなるんだろう!?という期待感がどんどん膨らみます。

でも、明智小五郎が登場すると書かれているのに、まだ登場する気配がありません。

それどころか、もう犯人を捕まえてしまうのではないか!?と思うくらいの勢いです。

半分以上も読んでいるのに、本当に出てくるのでしょうか!

既に、探偵のような推理力をもった博士と助手が大活躍しているのに、ここで明智小五郎が出て、犯人を追い詰めちゃったら、その二人が報われないなぁ~なんて思います。

それにしても、この作品、容赦なく事件が起きてしまうので驚きました。

江戸川乱歩の他の作品もそうなのでしょうか、藍の快調サポートじゃないけど、とても気になります。

あ、そうだ!こんなに暖かいけど、まだ今年は蝶々を見ていません。

やっぱり、今度ゆっくり、公園にお花見ついでにゆっくり周りを観察してみたほうが良いみたいですね。